製品に関する苦情・相談事例

クリーニングでスーツの襟に穴があいた・・・!

クリーニング平成28年度

紳士用スーツをクリーニングに出したら、衿の部分に数カ所穴が開いていた。クリーニング店には虫食い穴だと言われたが、出す前には穴はなかったので納得がいかない。クリーニング店に補償を求めたいので、穴の開いた原因を調査してほしい。

現況

相談者から、クリーニングで衿の部分に穴が開いたというスーツが持ち込まれました。肉眼でも見える穴が3か所確認できました。

調査

【表示調査】
製品表示によると、表地の材質は毛100%、洗濯表示はドライクリーニングとなっており、傷みやすい生地であるため取り扱いに注意する旨の表示が確認できました。

【拡大検査調査】
材質は毛100%であることから、虫食いの可能性もあるため、穴の部分の繊維の状態を顕微鏡で拡大して観察を行いました。その結果、切断された穴の先端部分は、分繊化することなく垂直な断面形状をしていることが分かり、虫食いの兆候は確認できませんでした。

結果

今回の試験において、穴の開いた原因は虫食いではなく、物理的に繊維が切断したことが分かりました。
しかし、この穴がクリーニング前から開いていたものか、クリーニングの作業中に開いたものかを特定することはできません。
クリーニングを利用する場合は、店頭で衣服の預け時と受取り時に、両者で損傷がないことを確認することが重要です。