金銭教育

くらしの情報プラザでは子どもから大人まで幅広い層を対象に金銭教育をおこなっています。
今までの実施例をご紹介します。

マネーブック
くらしの情報プラザが作成したオリジナルマネーブックを使って講座をしています。
オリジナルマネーブックについてはこちら

くらしのゼミナール「金銭教育」について くらしのほっと通信No.56号3頁PDF形式 3.7MB)

1. 小学校低学年を対象にした「模擬店舗を使った買物ゲーム」

家族と一緒に昼食を作るため、献立に応じて必要な材料を模擬店舗で買うという体験を通じ、選択する際のポイントや生活の中でのお金の使い方を考えます。

買物ゲーム

3つの献立の中から1つを選択して、セール品や類似品などに惑わされずに、必要な量を予算内で買物しながらお金の使い方を学ぶゲームです。

2. 小学校高学年を対象にした「おこづかいゲーム」

おこづかいをやり繰りし、残金でお母さんの誕生日にプレゼントをするゲームです。こづかい帳への記入の仕方、自分の欲求と折り合いをつけること、身の丈に合った金銭感覚を身に付けることを目的としています。

ゲームの中の6つのアクションを通して、プレゼントの購入を目指します

最初に値段の違う4つの商品からプレゼントを選択する

こづかい(1,000円)で欲しいものや必要なものを買う

じゃんけんゲームやお手伝いをして、ごほうびやおだちんをもらいます。

プレゼントは高いものを選ぶと買えなくなるおそれもあり、普段のこづかいの使い方が試されるところでもあります。こづかい帳には買ったもののシールを貼付し、お金がモノに変わることを認識できるようにしています。

3. 高校生、大学生を対象にした「クレジットに強くなろう」

学校では学ぶ機会があまりない金利計算に挑戦します。 利息や手数料の計算を実際におこなうことで金利感覚を養い、クレジットの賢い利用の仕方を身につけます。

4. 知的障害のある高校生・若者を対象にした「スーパーの チラシを使った買物ゲーム」

店舗を比較しながら献立の材料を探し、商品選択の目安や注意点、支払方法、こづかい帳の付け方などを知り、金銭感覚を養います。

1,000円の予算で、2つの献立(やきうどん、フルーツサラダ)を作る材料をスーパーのチラシから選びます。

チラシを比較することで、同じものでも店によって値段が異なることが分かります。初めてチラシを見る人もいるので、材料を探すのに時間がかかります。


買った材料の合計を計算し、予算内で買物できたか確認します。


いくらになったか、模擬貨幣を並べて支払い方を学びます。


実物のレジを体験したり、買物する時の手順やマナーも学びます。

5. 就労を目指す知的・精神障害のある若者を対象にした「お金の使い方じゃんけんゲーム」

社会人として社会生活を送るうえで必要な経費を知り、収支のバランスを考え家計管理を学びます。家計管理初心者向けに作成したものです。

ゲームをしながら一か月の支出項目を知り、「自分で家計をやり繰りする」とはどのようなことなのかを学びます。

収入は10万円と設定。その中から貯金や買い物(12回)をし、最後に残金が多いチームが勝ち。

チーム対抗戦で行い、買うものや金額は代表者のじゃんけん(勝ち・負け・あいこ)で決まる。

模擬貨幣やシートを使い、持っているお金と使ったお金が視覚的に分かるように工夫し、同時に家計簿を付けることで、振り返ることができるようにしました。

アドバイザー

このゲームは、就労し自分で家計をやり繰りする状況をイメージできるようにしています。親からの自立を目指し、「お金は生活を豊かにするために使うもの」、また、「自分でお金を使うことは、お金に換えられない価値がある」ことも伝えます。

ゲームの内容についてはこちら くらしのほっと通信33号3頁PDF形式:832KB)

6. 小学生の保護者を対象にした「家庭でできる金銭教育」

大人になって、働いて得たお金を上手にやりくりできるよう、子どものうちにお金の使い方を学ぶことはとても大切なことです。家庭でのおこづかいが、お金の使い方を学ぶチャンスです。
おこづかいを与えるにあたり知っておきたいことと、お金にまつわるトラブルへの対処法について、参加した保護者と意見交換しながら学びます。

<家庭で学べる図書や展示> 図書の貸し出しはこちら 金銭教育コーナー展示

<関連記事>

くらしのゼミナール!?「金銭教育」 くらしのほっと通信56号2・3頁PDF形式 3.7MB)

親子で考えよう!子どもにとっての「お金」 くらしのほっと通信47号3頁PDF形式 2.2MB)

家庭でできる金銭教育~おこづかいから学ぶこと~ くらしのほっと通信39号3頁PDF形式 1.4MB)

7. 知的・精神障害者の家族・支援者を対象にした「お金をめぐる支援について」

お金をめぐる支援とは、自分でお金を管理していく幅を拡げていくことを支えることです。
お金の管理において大切なのは、金銭感覚を身に付けることです。
「金銭感覚を養う支援とは。」「親亡き後の暮らしについて。」など、家族・支援者が本人のためにできること、やっておきたいことなどについて考えます。

  • お金に興味、関心がない
  • レジでの支払いができない
  • 計画的に使えない
  • あればあるだけ使ってしまう
  • ケータイ、スマホのトラブル
  • 電子マネー、クレジットカードの使い方

・・・など、課題は人によってさまざまです。

本人のためにできること、一緒に考えましょう

マネーブック

くらしの情報プラザでは、より楽しく分かりやすい講座を目指して、誰もが使いやすいお金管理のためのツールを作成しました。「おこづかい帳は初めて」「計算が苦手」「家計管理へのステップアップのために」など、使う人の目的によって自分で工夫することができます。

マネーブック

☆☆こんな工夫をしています☆☆

お金は本来生活を豊かにし自分の夢をかなえるものです。くらしの情報プラザでは、このマネーブックを使って金銭教育の講座を行っています(マネーブックはくらしのゼミナール受講者にのみ配布しています)。お金との上手な付き合い方を身につけるために、一緒に練習しませんか。

申込・問合先 希望日の1ヶ月前までに、電話または来所にて「名古屋市消費生活センター くらしの情報プラザ」までお申し込みください。
TEL:052−222−9677