くらしの情報プラザ

情報アドバイザーからのお知らせ(平成30年度)

なごや職業開拓校の皆さんへ講座を開催しました(9月20日、27日、10月1日、9日)

9月は生産実務科、10月は食品加工科の皆さんへ、「消費者トラブルの撃退法」と「お金との上手な付き合い方&やりくり」をテーマに、クイズ、ゲーム、ロールプレイングなどを交えた講座を2回ずつ実施。「電話の188を覚えました」「街で声をかけられてもこたえない!断るぞ!と思いました。」などのご感想をいただきました。なごや職業開拓校の皆さんには平成20年度より毎年ご受講頂いています。またお待ちしております!

企画展示コーナーで「商品テストのいろいろ」を紹介しています[10月~12月]

消費生活センターでは、衣・食・住にわたる様々な商品の事故原因究明テストを実施します。
その一部をテスト結果・対策とともに展示いたしました。
身近に潜む事故やトラブルを避けて、安全に商品を利用していただく一助としていただければ幸いです。

企画展示コーナーで「我が国の食料自給率について」の紹介をしています

東海農政局「消費者の部屋」の展示を入れ替えました。9月のテーマは、「我が国の食料自給率について」です。展示では我が国の食料自給率の現状や、課題についてパネルを使いわかりやすく解説されています。東海地域産の食材に関する資料も配布しています。お気軽にお立ち寄りください。

夏休み親子消費者教室を開催しました(8月6日、7日、20日)

6日、7日は「食材サンプルお買い物!ランチを作ろう&貯金箱作り(1~4年対象)」、20日は「おこづかいゲーム&飲み物の糖度を測ろう(5、6年対象)」をテーマに開催。「お金の大切さがわかった。使い方が大事だと思った。」「お小遣いを渡す際の参考になった。マネーブックが役立ちそうです。」「ジュースの糖度が目に見えて分かり、今後は気を付けて摂取したい。」など、多くの感想を頂きました。

企画展示コーナーで「米粉の世界が広がります!」をテーマとしたの展示をしています

東海農政局「消費者の部屋」の展示を入れ替えました。8月のテーマは、「米粉の世界が広がります!」です。
コーナーでは「米粉のいいとこ!」「知って 使って!」「米粉が大活躍!」などの様々なパネルにより米粉の特性をふまえた使い方などについて、わかりやすく解説しています。お料理の幅がグッと広がること間違いなしです。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

夏休み特別企画「ワクワクこどもクイズラリー」開催中です!

7月24日から8月31日までの月曜日から土曜日
9時30分から16時30分

くらしの情報プラザ内の3か所のポイントを回ってクイズを解くと、コアラのハッピーのシールをゲットできます。 (なくなり次第終了) AELネット環境学習スタンプラリーや、科学館など伏見周辺5施設のスタンプラリーも同時開催中です。ハッピーと記念撮影できるスペースもありますので、夏休みの思い出に皆さんでお越しください。

「食品のトレーサビリティ」の展示を行っています

東海農政局「消費者の部屋」の展示を入れ替えました。7月のテーマは、「食品のトレーサビリティ」です。
米や牛肉が、どの様に移動して私たちの元に届くのかなど、食品のトレーサビリティについて、イラストを交えた解説パネルなどで学んでみませんか。

職場訪問の中学生が来館されました [5月15日(火)、5月31日(木)、6月12日(火)]

岐阜県高山市から、5/15清見中、三重県桑名市から、5/15陽和中、5/31正和中、6/12光陵中の合計27名(2年生)と先生1名の皆さんが、職場訪問のため来館されました。中学生の消費者トラブル事例を学んだり、見学をしながら、消費生活センターがなぜあるのか、自分たちとどのように関わっているのかを考えました。生徒さんからは「これからは表示を見ながら、よく考えて買い物したい。」「188を知った。トラブルがおきる前でも、相談できると分かった。」などの感想を頂きました。

東海農政局「消費者の部屋」の展示を行っています

ただ今、企画展示コーナーでは、東海農政局「消費者の部屋」の展示を行っています。
今月の展示テーマは食育です(6月は食育月間です)。「ユネスコも認めた和食文化」や、これからの”食育”に大切なこととして取り組みたい「日本型食生活のススメ」についてのパネルを見ながら、楽しい食卓作りについてのヒントをさがしてみませんか?
東海農政局の展示は7月、8月、9月と内容を変更していく予定です。お楽しみに!

特別支援学校の生徒さんへ、啓発講座を開催しました!(5月24日)

春日井高等特別支援学校3年生の生徒さんへ、くらしのゼミナールを開催しました。「トラブル撃退!大事なお金と個人情報を守ろう」をテーマに、ネットトラブルや悪質商法について、ロールプレイングなどを交え、一緒に考えました。「断ることや相談することは大切だと思った」「スマホの使い方でルールを確認しようと思う」などの感想をいただきました。