相談事例検索

インターネット通販でかばんを申し込んだが、商品が届かず販売業者と連絡が付かない。

相談者:20歳代 女性 学生

ターゲット 若者・一般

相談内容

通販サイトで、以前に店舗で見た高額なかばんが激安で売っているのを見つけて、購入を申し込み、業者の銀行口座に代金を振り込んだ。「入金が確認できたので発送準備に入る」とのメールが来たので待っていたが、1週間経っても商品が届かず、問合せメールにも返事が無い。
サイトの「特定商取引法に基づく表示」を再度確認したところ、電話番号の表示がなく住所も番地が抜けていることに気付いた。業者に商品を送るよう求めたいが、連絡を取る方法はないか。

動画で学ぼう!

対処方法とアドバイス

サイト表示の状況からは、業者は商品を販売しようという姿勢が見られません。ネット通販詐欺の可能性が高く、商品が送られて来ることは期待できません。振り込み口座がある金融機関に連絡して状況を説明する一方、最寄りの警察署にも相談してみてください。
通信販売事業者は、通信販売広告に業者の住所、電話番号、代表者と通販業務責任者の氏名等を正しく表示することが特定商取引法で義務付けられています(第11条 施行規則8条)。表示内容に不備があったり、日本語がおかしいサイトは要注意です。住所は地図ソフトで検索して実在するかどうか確認してみましょう。少しでも不審がある場合は申込みを控えましょう。ブランド品を破格の値段で提供しているサイトや、クレジットカード決済ができるかのような表示をしながら、実際は銀行振込みだけというサイトも要注意です。
低額の商品の場合は、代金をだまし取ることよりもIDとパスワードの情報を入手することが目的とも考えられます。同一のID、パスワードを複数のサイトで設定している人が多いため、なり済ましによる詐欺などに利用できるからです。ID、パスワードを使い回さず、必ず変更してください。

(最終更新日 平成27年3月8日)

関係法令や参考サイト

国民生活センター
「インターネット通販の前払いによるトラブル」が急増!
-個人名義の銀行口座への前払いはしない-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20131219_1.html
(公社)日本通信販売協会
「詐欺的サイトで被害に遭わないために注意すべき5つのポイント」(PDF)
http://www.jadma.org/tsuhan-kenkyujo/files/cope.pdf