相談事例検索

不用品回収で予定外の物まで回収された

相談者:70歳代 女性 無職

ターゲット 一般・高齢者

相談内容

不要なテレビを処分しようと思っていたところ、昨日近所を巡回する軽トラックから「不用品回収します」のアナウンスが聞こえてきたので声をかけた。テレビだけのつもりが、ソファ一や外に置いてあった洗濯機などを勝手に積み込んで、「代金は12万5千円。明日集金に来る」と言われた。高額なので減額してもらいたい。名刺も契約書も受け取っていないので、業者名や連絡先が不明で連絡ができない。

対処方法とアドバイス

一般家庭の廃棄物の処理を行うには「一般廃棄物処理業」の許可が必要ですが、このような軽トラックで回収を行う業者は許可を受けていません。業者が代金を受け取りにきたら、①ドアを開けずに対応して業者名、所在等を聞き取り、「市役所に確認するので帰ってほしい」と一旦断り、②当市の担当課にその業者が「一般廃棄物処理業」の許可があるかを確認する。③許可がない場合は違反であり、そのような契約は公序良俗に反し無効と判断されること、さらに契約の条件を合意していないので契約不成立と主張して交渉するよう助言しました。万一、業者が支払いを強要するようであれば警察に通報するよう付言しました。業者から物品の返却を受ける際は、一人で対応するのは避けた方が無難でしょう。

専ら再生利用目的となる廃棄物(古紙、くず鉄、空きビン、古繊維)を除き、廃棄物を収集運搬及び処分を業として行う場合には、その取り扱う区域の市町村長の「一般廃棄物処理業」の許可が必要です。名古屋市の許可を受けた業者が、軽トラックなどの街頭アナウンスなどによる個別の不用品回収することはありません。
また、名古屋市では粗大ごみ等を回収していますが、家電リサイクル法による特定家庭用機器対象品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機)と、パソコンは市では回収しません。
詳しくは担当課にお問い合わせください。

(最終更新日 平成27年2月11日)

関係法令や参考サイト

一般廃棄物処理業の許可業者
http://www.city.nagoya.jp/jigyou/category/38-2-5-5-0-0-0-0-0-0.html
粗大ごみの分け方・出し方
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/5-6-20-0-0-0-0-0-0-0.html
家電リサイクル法とは
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/5-6-2-0-0-0-0-0-0-0.html
家庭用パソコンリサイクル
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/5-6-3-0-0-0-0-0-0-0.html