相談事例検索

クレジットカードから次々と引き落としされる海外宝くじの代金

相談者:70歳代 女性 無職

ターゲット 高齢者

相談内容

「賞金1億円の当選者候補者に決定した」という海外宝くじのダイレクトメールが届いた。1口5000円で賞金1億円が貰えるのであればと思い、同封されている書面に名前やクレジットカード番号を書いて返送した。1度だけのつもりで申し込んだが、次々と同様のダイレクトメールが届くようになった。さらにクレジットカード会社の引き落としが続いていることに気がつき、合計6万円分を利用したことになっていた。これ以上支払いたくない。

対処方法とアドバイス

申し込んでもいないのに「海外宝くじ」などに当選するということはありえません。
事例では、クレジットカード決済をしていたので、直ちにクレジットカード会社に状況を説明し、引落停止と調査を依頼するように助言しました。
一旦口座から引落とされた代金を返金してもらうことは容易ではなく、被害の回復は困難となります。安易にクレジットカード番号を業者に知らせないようにしましょう。
一度申し込みをすると、別の業者から海外宝くじや「賞金が当たった」というDMが次から次へと送付されてくることもあります。業者に個人情報を伝えると、他の業者にも自らの個人情報を知らせることになりかねません。
ダイレクトメールが届いても、甘い話に乗らないようにしましょう。
海外宝くじを日本国内で購入することは刑法に抵触する可能性があります。海外宝くじの申込は決してしないようにしましょう。

(最終更新日 平成27年2月11日)