相談事例検索

メールマガジン作成内職に注意しましょう

相談者:30歳代 女性 給与生活者

ターゲット 若者・一般

相談内容

副業紹介サイトに登録し、掲載されていた「メールマガジンの文章作成のお仕事!時給1000円から」という仕事に応募した。履歴書を送り、電話面接を受けて採用となった。商品の宣伝文句をいくつか考えて送ると、業者から「あなたの文章は大変評判がよい。自分でサイトを持てばもっと稼げる。サイト作成料が30万円かかるが、1か月で元が取れる」と言われた。銀行のカードローンで30万円を借りて指定口座に振り込んだ。数日後「あなたのサイトへのアクセスが集中し過ぎてパンク状態だ。バージョンアップの費用が100万円かかる。負担してほしい」と迫られた。払えないと言うと、職場や自宅に脅しの電話が入るようになった。どうしたらいいか。

対処方法とアドバイス

副業紹介サイトで紹介される仕事は、高額な契約をさせるための入り口に過ぎないことが少なくありません。「読者からの反響がすごい」「アクセスが集中している」などと言われますが、明確な根拠はなく、仕事の仕組みもよくわかりません。また、内職応募の際に、履歴書など個人情報を伝えているため、業者の要求を断ると脅しの電話をされたりすることがあります。脅しの電話が続く場合には、警察に相談しましょう。
電話でサイト作成の勧誘を受けた場合には、電話勧誘販売に当たる可能性があります。その場合、法律で定められた事項を記載した契約書面を受け取った日を含めた8日間はクーリング・オフができます。また、内職商法を規制する業務提供誘引販売取引に当たる可能性もあり、その場合は20日間クーリング・オフができます。いずれにしても支払ってしまうと、業者は返金に応じず、多くは被害回復ができません。うまい話はないので、十分気をつけましょう。

(最終更新日 平成27年2月15日)