相談事例検索

スマートフォンのアダルトサイトで高額請求

相談者:20歳代 男性 学生

ターゲット 若者・一般・高齢者

相談内容

スマートフォンでアダルトサイトにアクセスした。「18歳以上」のはいボタンをタップし、次の画面でコンテンツを選び、動画のプレイボタンをタップしたとたんに、「会員登録済み、キャンペーン料金9万9800円を3日以内に払うように」と書いてある画面が表示された。画面の下の方に「間違って登録した方はこちら」という記載を見つけ、業者にメールを送った。「解除手続きは電話だけで受付ける」と電話番号が書かれた返信メールが来たので、スマートフォンから電話をした。有料サイトに登録するつもりはなかったと伝えたところ、「自分の意志で登録したものであり解除はできない。期限内に払わないと違約金が発生する。払わないと訴える」と言われ、お金を振り込んでしまった。さらに、住所や氏名、大学名を聞かれ、教えてしまった。どうすればいいか。

動画で学ぼう!

対処方法とアドバイス

相談者はアダルトサイトに登録する意思はありませんでした。アダルトサイトの利用契約は成立しておらず、料金を支払う必要はありません。明らかな不当請求で、ワンクリック請求(詐欺)とも呼ばれます。相談者には電子消費者契約法を説明し、請求は無視すればよかったことを伝えました。この事例では、既にお金を振り込んでしまった後でした。騙されていたとはいえ、一度払ったお金を取り戻すことは困難です。今後の請求を受けないために、スマートフォンの受信拒否・着信拒否機能などの利用をすすめました。 


あわてて連絡しないで!
突然、高額な請求画面を表示し、あわてさせて、相手に連絡させようとする手口です。この相談のように、あわてて相手に連絡し、自分の個人情報を伝えてしまうと、さらに迷惑メールや不当請求につながるおそれがあります。受信拒否・着信拒否機能などの利用をし、知らない電話番号からかかってきた電話には用心しましょう。万一、脅しや迷惑行為があった場合には、警察に連絡してください。

(最終更新日 平成27年2月19日)

関係法令や参考サイト

(独)情報処理推進機構 
【注意喚起】「ワンクリック不正請求に関する相談急増!
パソコン利用者にとっての対策は、まずは手口を知ることから!」
http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20080909.html
(独)国民生活センター
手口が多様化・巧妙化しているワンクリック請求(インターネットをめぐる消費者トラブル♯1)
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20091203_1.html