相談事例検索

血液がサラサラになるというサプリメントのネットワークビジネス

相談者:50歳代 女性 無職

ターゲット 一般・高齢者

相談内容

高血圧の持病がある。2週間前、知人から健康によい話が聞けるセミナーに誘われ、参加した。「このサプリメントを飲めば、血液がサラサラになり、病院の薬がいらなくなる。さらに当社のネットワークビジネスの会員になって人を紹介すれば利益が出る」と担当者から勧められ、断り切れずに契約をした。しかし、人を紹介できないし、サプリメントを飲んでも体調がよくなるとも思えない。どうしたらいいか。

対処方法とアドバイス

サプリメント、いわゆる「健康食品」には法律上の規定や定義はなく、食品に分類されます。食品のうち、国の規格基準を満たした「保健機能食品」以外は、効果・効能をうたうことはできません。「病気がよくなる」などの医薬品的な効能効果をうたうと、薬事法に触れる可能性があります。一方、商品やサービスの契約をして販売組織に加入し、その後人を誘って組織に加入させると利益が得られるという仕組みは、連鎖販売取引となり、厳しい規制の対象となります。契約書面を受け取った日を含めた20日間はクーリング・オフができます。また、勧誘に際して嘘の説明があれば、取消しの主張も可能です。サプリメントで病気が治ることはありませんし、簡単に利益が得られることはないので、このような勧誘には十分注意してください。

(最終更新日 平成27年2月15日)

「くすりと食品のちがい」

口から摂取するものは、医薬品(医薬部外品を含む)を除き、食品です。

関係法令や参考サイト

名古屋市 くらしの情報
健康食品について
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/15-7-7-0-0-0-0-0-0-0.html
厚生労働省 「健康食品」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/hokenkinou/index.html
(独)国立健康・栄養研究所 「健康食品」に関する制度の概要
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail773.html