相談事例検索

金地金の購入

相談者:70歳代 女性 無職

ターゲット 高齢者

相談内容

営業マンが何回か訪問してきて「金は今後価格が上がるので購入しないか」「金の現物購入だから、物があるので安心である」と勧められた。元本割れは嫌だというと、「損はしない」「金の価格が高い時に売れば儲かる」といわれ、金1㎏400万円(金1gは4,000円)を20年(240回払い)の前払い分割で購入契約をし、頭金80万円と手数料等を支払った。金1㎏の購入手数料が40万円と高額で、自分も今後20年も生きているかどうかもわからないので、契約を取り消したい。

対処方法とアドバイス

金1㎏を前払いの分割払いで購入する契約です。支払終わったら金1㎏を受け取るか、もしくは売却して現金で受け取るか選択します。この他に、契約金額の10%の売買手数料と毎年数万円の口座管理料を支払わなければなりません。途中で購入した金を売ることもできますが、その時は金の市場価格を参考に事業者が決めた金額で計算された金額が返金されます。金の価格が下がっていれば、元本割れをしてしまいます。
金の市場価格は変動しており、必ず上がるという確証はありません。また、売買手数料や口座管理料がかかるので、金が少し値上がりした時に売却しても利益は出ません。また、この事業者が今後20年間存続して事業を継続しているのかどうかもわからず、20年後に金の現物を必ず受け取れる保証はありません。
訪問販売や電話勧誘で契約したのであればクーリング・オフができます。また、「金は今後価格が上がる」「損はしない」など、断定的な判断を提供し、消費者が誤認をしたのであれば、契約の取消しができることもあります。消費生活センターに相談してください。

(最終更新日 平成27年2月16日)

関係法令や参考サイト

国民生活センター
受け取りは105歳になってから!?
金地金の分割前払い取引のトラブルが増加
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20121101_2.pdf