製品に関する苦情・相談事例

ウール100%のセミオーダースーツに化繊が・・

衣料品平成25年度

ウール100%の生地で、セミオーダーのスーツを依頼した。着心地や手触りが、ウール100%ではないような気がするので、調べてほしい。

現況

相談者が持参したスーツ生地の一部は、たて糸が濃灰色と水色の2色、よこ糸は、濃灰色1色でした。

調査

相談品が100%ウールであるか調べるために下記の試験を行いました。

① 燃焼試験
JIS規格で定められた方法に従って試験を行うと、水色のたて糸を除いて、毛髪の燃えた臭いがするなどウールの特徴を示しました。

② 赤外吸収スペクトルの測定試験
「フーリエ変換分光光度計」という装置を使ってすでにウールとわかっている生地の糸と持ってこられた布の濃灰色のたて糸と水色のたて糸、よこ糸を比較してみました。ウールとはかなり違う様子を示しました。

③ 顕微鏡試験
持ってこられた布の濃灰色のたて糸と水色のたて糸、よこ糸の撚りを戻して繊維の状態にして、顕微鏡で調べました。濃灰色のたて糸とよこ糸では、ウールの特徴である表面にスケール(動物の毛特有の縞模様)のある繊維と、ない繊維がありました。水色のたて糸では、スケールのある繊維は、見つかりませんでした。





④ 溶解試験
濃灰色のたて糸と水色のたて糸、よこ糸を少量採り、4mlの5%水酸化ナトリウムへ入れ、煮沸しました。ウール100%であれば、溶解します。濃灰色のたて糸と水色のたて糸、よこ糸のすべてが、完全に溶解することなく残差が残りました。

結果

検査の結果から、このスーツの生地は100%ウールではなく、ウールと他の繊維の混紡糸を使用した生地でした。