製品に関する苦情・相談事例

紳士用の絹のジャケットが、クリーニング後色落ちした

クリーニング平成25年度

2年前購入した絹のジャケットが、初めてクリーニングに出したら、色落ちして戻ってきた。原因を知りたい。

現況

相談品は、表地は、絹100%、裏地は、ポリエステルとキュプラでした。普段は、着用しないということでした。右襟の端、右折り返しの右端、右肩、左折り返しの外縁、右折り返しの内縁、左前身頃の縁が、白くなっていました。(写真1)。

調査

白くなった原因を調べるため下記の調査を行いました。

①顕微鏡による検査
ジャケットの使用による摩耗の影響が少ないと思われる右ポケット蓋の下の生地を指標にして、白くなった場所の生地を比較してみました。白くなったところの生地は、どの部分も、毛羽が目立ち繊維の摩耗が認められました。



②摩擦試験
 摩擦試験機を用いて、相談品の未使用の生地で試験片を作り、この上を白色無地の絹、綿及びポリエステルの生地を、乾燥した状態と湿らせた状態で摩擦試験を行いました。顕微鏡で生地を検査したところ、ポリエステルでは損傷がやや少なく、絹及び綿では、特に湿らせた場合に生地表面に損傷が生じていました。

結果

摩擦試験において、ポリエステルでは、損傷がやや少なく、絹、綿では、生地表面に損傷が生じました。このことから、相談品が部分的に白くなった原因は、摩耗による損傷が原因と推定されます。