相談事例検索

スマートフォンに身に覚えが無い動画サイトの利用料金を請求するメールが届いた

相談者:50歳代 女性 給与生活者

ターゲット 若者・一般・高齢者

相談内容

スマートフォンに実在すると思われる大手通信販売業者から「有料動画の閲覧履歴が発生しています。本日ご連絡なき場合は、法的手続きに移行します。」というSMS(電話番号を用いたショートメッセージサービス)が届いた。
過去にこのようなサイトを利用したことはあるが、料金は支払っており請求される覚えは無い。
問い合わせた方が良いだろうか?

対処方法とアドバイス

全国各地の消費生活センターには「利用した覚えのないサイト利用料の請求が届いたがどうしたらよいか」という架空請求に関する相談が多く寄せられています。
事例のようなSMSを受け取っても、決して連絡してはいけません。連絡すると高額な支払いを求められることになります。具体的な請求内容などが記載されておらず、無差別に送信される架空請求メールですから、そのまま削除してください。携帯電話やスマートフォンのメールアドレスや電話番号の情報を不用意にネット上などで提供するのを控えることは未然防止の上で大切です。
請求された内容について不明な点があったり、不安を持ったりした場合には、相手に連絡せず、また料金を支払う前に、まず消費生活センターにご相談ください。


(最終更新日 平成29年5月10日)